これでカンペキ!プラセンタ注射のすべて

プラセンタ注射とは?

美容に興味がある方なら、プラセンタ注射をしてみたいと考えたことがあるはず。美容に即効性があるイメージですが、美容だけでなく健康や女性特有の悩みにも効くとされ人気があります。お値段や効果の高さ、注射をする頻度などいろいろと気になることがあると思いますので、詳しい情報を紹介します!

 

【プラセンタ注射とは?】
プラセンタ注射は厚生労働省に認可されている医薬品です。美容クリニックや、アンチエイジングに力を入れている病院などでも取り扱っています。日本ではメルスモンとラエンネックが正式な承認を受けており、安心して注射をしてもらうことができます。プラセンタ注射に使用している原料は、ヒトの胎盤エキスで、妊婦さんが出産した際に出る胎盤を使い、クリーンで安全なように専門の工場にて抽出されています。

 

【保険適応の疾患もある】
プラセンタ注射は保険適応の認可を受けた疾患もいくつかあげることができ、病気の治療にも活用することができるものです。慢性肝疾患や更年期障害でもプラセンタ注射は利用でき、保険が適応され利用者の負担額は少なくて済みます。

 

しかし、美容目的は保険が使えませんし、疾患の多くも健康保険が適応されていません。病気の改善にも可能性を秘めているプラセンタですが、一部の疾患しかまだ認可していない現状です。

プラセンタ注射の原料

プラセンタ注射をする場合に、気になるのが原料の品質の高さでしょう。薬として認可されており、品質の高さは何となくわかるとは思いますが、長く使うとなると副作用も気になりますから、きちんとプラセンタ注射の原料を理解しておきましょう。

 

【医療用プラセンタの原料】
医療用として認可されているプラセンタ注射は、日本国内で出産をした人の正常胎盤のみを使用しています。女性で出産の経験がある方なら、産後に排出される胎盤のゆくえを気になった方もいるでしょう。胎盤は貴重であり豊富な栄養を含んでいることから、廃棄されることはなくきちんとリサイクルされているのです。

 

健康な胎盤とは、妊娠中に検査した血液検査にて判断しています。エイズやC型肝炎などの疾患にかかっている方の胎盤は、プラセンタ製剤としては使うことはありません。輸血をした血液でもきちんと感染症を防いでいるのと同様に、プラセンタも医薬品レベルの品質管理が行われています。

 

【プラセンタの加工方法】
健康な妊婦から出た胎盤は、高圧蒸気滅菌にて細菌やウイルスなどの感染症を予防します。クリーンでプラセンタの有効成分のみが抽出され、プラセンタ製剤として使われていきます。

 

馬プラセンタの詳細はこちら 

関連情報

馬プラセンタサプリ徹底比較サイト・・・馬プラセンタサプリはどれも一緒!?実は、製品によって特長が全く違います。例え同じ原料を使用したとしても、製造過程で有効成分の濃度が変わり、効果を大きく左右することもあるのです。知っていれば万全、馬プラセンタサプリの正しい選び方を見ていきましょう。
プラセンタサプリランキング・・・プラセンタサプリランキングでプラセンタを選びましょう♪やっぱりコスパて大事!だけどコスパを気にするあまりに効果のないプラセンタサプリを選んでいませんか?公開しないプラセンタサプリを選ぶために知っておきたい情報サイトです。

プラセンタ注射に含まれる成分

プラセンタにはアミノ酸やビタミン、脂質や脂肪酸、糖質、ミネラル、核酸などが含まれています。プラセンタの原料となる胎盤は、胎児と母体とを繋ぐ重要な役割を持っており、胎児の生命を維持するために必要な栄養素が含まれています。

 

【成長因子】
プラセンタのなかでも重要とされるのが成長因子です。肝細胞増殖因子、上皮細胞増殖因子、神経細胞増殖因子、繊維芽細胞増殖因子、インシュリン様成長因子などが含まれています。プラセンタ注射が肝疾患に使われるのも、肝細胞増殖因子を持ち細胞を修復させる作用が働くからです。成長因子とは細胞の新陳代謝を促がす作用を持ち、少量でも効果を発揮するのが特徴です。

 

【核酸】
20歳前後になると体内の合成量が少なくなり、40歳以降は急激に減少する成分です。遺伝子の修復や、細胞の新陳代謝とも関係しており、この物質が減れば老化を意味します。プラセンタ注射をすることで、核酸を摂取でき老化を食い止めることができます。

 

【酵素】
酵素も加齢ととともに体内の量が減少していき、不足すると生活習慣病の原因となったり、免疫力低下を伴います。体内酵素は消化酵素と代謝酵素の2種類が存在しており、酵素が足りなければこれらの機能が低下します。

成長因子が重要なプラセンタ

プラセンタの原料となる胎盤は、胎児と母体とを結ぶ働きがあります。赤ちゃんがわずか10ヶ月という短期間で成長することができるのも、プラセンタに含まれる成長因子があるからです。

 

【1個の細胞が約3kgにまで成長】
受精卵はたった1個の細胞でした。これが細胞分裂を繰り返し、10ヶ月間の間に約3kgくらいまで成長することができます。このように短期間で細胞分裂を繰り返すことができるのは、プラセンタの成長因子のおかげです。プラセンタには体の働きを活発にする成長因子が含まれており、もし生まれることがなくそのままお腹の中に10ヶ月い続けることができれば、なんと富士山の大きさにまで成長するといわれています。

 

【大人が摂取すれば細胞分裂が促がされる】
人の体は20歳前後で成長が止まり、それ以降は細胞分裂がゆっくりになり老化する一方です。この老化をできるだけ食い止めたいと考える人も多いでしょう。プラセンタに含まれる成長因子は、成人した人が摂取すれば細胞分裂を促がし、老化してきた内臓や皮膚などを若返らせることができます。

 

人の老化は細胞分裂ができなくなり、内臓などの機能が低下することです。子どものころのように細胞分裂を促がし、どんどん新しい細胞へと生まれ変わることができれば、老化は食い止めることができます。

 

プラセンタサプリランキングで徹底比較?